インタビューセッションセラピー

「交わるとき、あなたの語ることの声」

  • 2018
  • Yale Union / ポートランド、米国
    TERATOTERA祭り2018 / 三鷹、東京

インタビューセッションセラピー「交わるとき、あなたの語ることの声」

このプロジェクトは、インタビュアー(聴き手)である作家とインタビューイー(語り手)である参加者が一対一で向き合い、一方は他者の発する声に耳を傾け、 他方は自己の内側の声に耳を澄ます、いずれも他者が自己が語りはじめることを待ち、語ることの声を聴くために行われる。

インタビューのはじまりに作家と参加者は「わたしとあなたは必ず死ぬもの同士」という共通点を確認した上で、参加者は用意された28項目の質問、 夢の話、 死者との遭遇の話、そして自らの死について、十分に時間をかけながらリラックスした状態で応えていく。

この時、傾聴という行為は質問に応えていくことを通して、自己の体験を憶い返し、そのことを物語るために現れる自分の声を聴きながらコトバを紡いでいく参加者と、 その声を聴くことで彼らのした体験を追体験する作家とのあいだで共有される。 質問の後半で参加者が死者の声を再現する過程では、 もうすでにここにはいないはずの存在が参加者の声を通して立ち上がり、「語ることの声」はさらに交わって聴こえはじめる。

このプロジェクトは「インタビューセッションセラピー」と名付けられ、アートセンターや美術展の展示会場の空間を仕切り、 心理カウンセリングやセラピーのために設えたような小さな部屋のなかで行われる。 この造られた空間は参加者と作家が協同して作り出す最小単位の上演空間のようでもある。 参加者はこれまでに出会い、別れた人々や過去の出来事を物語る語り手であり、作家は聴き手であり観客でもある。

参加者が夢の話や死者との遭遇の体験をインタビューを通じて語ることによって、みずからの無意識や、やがて来る死、また死者との交わりをいかにして語るのか、 語ることはいかにして可能なのか、語られる「言葉」の用い方、またそれを語る「肉声」に現れる、話す当人にも思い通りにならない微妙な何か、ニュアンスに注目しながら実践は深められる。 (参考・引用文献:「魂にふれる 大震災と生きている死者」若松英輔、「本居宣長」小林秀雄)

また、28項目の質問は作家が2018年の夏にEnd Of Summerという米国・ポートランドでのレジデンスプログラムに参加中、実際に体験した出来事をもとに作られている。この出来事に関しては、エッセイという形式で、End Of Summerのオープンスタジオ時の展示で発表している。

「エッセイ{ 無題 } 2018年8月1日から16日 ポートランドにて」(日本語版)
”Essay { Untitled } August 1 thought 16 2018 in Portland“ (英語版)2018 / letterpress printing by neuhauspress 翻訳:石橋枝里佳

「インタビューセッションセラピーのための部屋」2018  アートセンターYale Union内の小さなライブラリーを設えて / ポートランド

インタビュー項目

  • 1. 今朝、あなたはどこで目覚めましたか
  • 2. 隣には誰か、いましたか
  • 3. 夢は見ましたか
  • 4. どんな夢でしたか
  • 5. 眠っている間にあなたはどこにいっていましたか また、あなたの意識は眠っている間、どこにあると思いますか
  • 6. あなたはかつていわゆる正夢、予知夢のようなものを見たことがありますか それはどんな夢でしたか
  • 7. 夢でかつてこの世界に生きていた人、死者と再会したことはありますか それはどんな夢でしたか
  • 8. ある日本のドキュメンタリー映画監督は、インドの川べりを無心で歩いている時、亡くなった息子と「再会」した経験があります。 その「再会」は彼にしかそれを「経験した」とはわからないようなこと。実際には他の誰かと共有できないものですが、 あなたにもあなたの知っている死者との間でそういった経験は、ありますか
  • 9. あなたはこの現実の世界で、あなたが日々をおくる日常のなかであなたの知っている死者があなたに呼びかけるのを、 またはその存在に気付いたり、再会したりした経験をしたことがありますか、それはどんな場面でしたか できるだけ詳しく教えてください
  • 10. あなたはどこか別の地域や国に滞在している時にあなたの知っている死者を憶い出したことはありますか それはどんな場面でしたか
  • 11. 時に誰かが、例えばあなたの知っている死者があなたの眼を使って、目の前の景色を見ているような、時に誰かが、例えばあなたの知っている死者があなたの口を使って、 話しているような、そんなことを感じた経験はありますか
  • 12. あなたは過ぎ去る時間の流れの中で永遠につながるひとときを過ごしたことがありますか それはどんなときですか
  • 13. あなたは自分が生まれる前から世界があることを信じますか 信じる場合、自分が存在していなかった世界をあなたはどういうふうに理解しますか
  • 14. あなたは自分が死んだ後も、世界があることを信じますか
  • 15. 自分が死んだ後、あなたという存在は、あなたという長い時間を生きたその総和は、一体どこへ流れていくのでしょうか
  • 16. 自分が存在しない世界をあなたはどういうふうに理解しますか
  • 17. あなたの記憶はどこに蓄積されると思いますか
  • 18. 今日はもう二度と来ない一日だと思いますか
  • 19. 過去には二度と戻れないと思いますか
  • 20. 死者をよみがえらすことはできないと思いますか
  • 21. あなたの知っている死者が生前話していたことや書き留めていたことで話せることがあれば話してください
  • 22. それを、まるでその方が、死者(彼、彼女)が話しているみたいに、本人が話しているみたいに、または本人が何かに書き留めているときの心の声のように演じて、私に話してみてください
  • 23. あなたの知っている死者は、その方は、あなたに呼びかけるとき、あなたのことを何と呼んでいましたか
  • 24. それを、まるでその方が、死者(彼、彼女)があなたに呼びかけているみたいに、本人があなたに呼びかけているように演じて、その「声」をわたしに聞かせてください
  • 25. 死者の存在は、彼、彼女たちの存在は、いま、どこにいると思いますか
  • 26. あなたが死ぬとき、あなたは消滅すると思いますか
  • 27. 今夜、あなたはどこで眠りますか
  • 28. そのとき、隣には誰かいますか

ポートランドでのレジデンス中に現地の住人、同じくレジデンスに参加しているアーティストを含め11名の参加者と「インタビューセッションセラピー」を実施。対話はすべて録音している。 この「インタビューセッションセラピー」で録音した、インタビューアー(聴き手)としての作家の声、 インタビューイー(語り手)としてのが自身の体験を語る声は参加者の許可を得て、レジデンスプログラム中にサウンドインスタレーションとして発表。 実際にインタビューセッションセラピーを行った空間に4台のスピーカーユニットを設置し、インタビューアーとインタビューイー不在の空間で、 夢や死、存在を巡る両者のやりとりの声の音響だけが交錯する場面が再生された。

            

「インタビューセッションセラピー」の実践は、2018年10月にOngoingギャラリー、chiyoda3331のライブラリーで再び行われる。この際のインタビュー音源を加え、アーツカウンシル東京、Ongoingが主催する「TERATOTERA祭り2018 Walls –わたしたちを隔てるもの-」(2018年11月)にて、新たなサウンド構成を構築し発表した。 こちらの展示ではスピーカーとそれに向かって腰掛ける椅子の一対が7セット設置される。観客は椅子に座り、 正面のスピーカーから聴こえてくる見知らぬ誰かの声とその存在に対峙する。また、空間全体から聴こえてくる複数のコトバに耳を澄ますと見えない存在や夢の世界、死生観について、声同士が語り合っているような交響的ドキュメンタリーの生成に気づかされる。

  • インタビューセッションセラピー
    「交わるとき、あなたの語ることの声」
  • 2018
  • 形式:インタビューセッションセラピー / サウンドインスタレーション
  • 素材 : ミクストメディア
  • サイズ:可変
  • 制作協力:neuhauspress
  • Yale Union / ポートランド、米国
    TERATOTERA祭り2018 / 三鷹、東京