Polyphony 1945ポリフォニー 1945

  • 2017
  • 初演:名久田教場・中之条ビエンナーレ / 群馬

この作品は、1945年に東京の女学校を卒業した7人の女性によって書かれた、ある1人の同窓生宛ての「手紙」のテキストを原作とし、制作したサウンドインスタレーションです。 1945年3月から翌年に渡って書かれたテキストは現代の若い女性の「声」に変換され、それらの声はそれぞれ7つの「声部」となって、マルチチャンネルスピーカーを媒体にポリフォニック(多声的)に重なり合い、共時的に奏でられます。

ポリフォニックとは音楽用語のポリフォニー(多声音楽)からきており、ポリフォニーは複数の独立した声部(パート、メロディー)が重なり、協和し合いながら進行する音楽のことです。 また、文学においては作者の人格から自立した複数の登場人物たちがそれぞれに発話し、ひとつの体系的な物語を形づくる構造、その概念を指します。

この作品ではそのポリフォニーの様式を踏まえ、手紙のテキストを朗読する声部を個々の旋律として捉え、 手紙の書かれた日付に基づいて並べられた複数のタイムラインは、同時的かつ時系列に再生されます。また、それぞれのスピーカーからは特定の一人の「声」が聞こえて来ます。

1945年の3月から、8月の敗戦、そして戦後の時を迎えて、当時の彼女たちによって書かれた言葉はまるで対話するかように所々で符合し、すれ違います。 その時代、彼女たちが共有していた意識の大きな流れと、決して互いに共有できない個々の旋律は、 幾つものエピソードやモノローグを代理で語る現代の女性の声によって、現在という空間の中に放たれます。

上演中、時折聞こえるピアノ曲はバッハの「平均律 BWV858」。いくつかの演奏は声部ごとに分けて録音されており、個別のスピーカーから流れ出した音は、会場でひとつの曲になります。日本放送協会に保管されているラジオの洋楽放送記録を調べると戦時中もクラシック番組は継続して放送され、ピアノの独奏曲も放送されていました。女性たちの手紙にもクラシック番組についての記述を幾つもみかけることができます。



  • ⑴.《Polyphony 1945》
  • 2017
  • 7チャンネルサウンドインスタレーション、ミクストメディア
  • 39分 (2017年 初演時)
  • 出演:清泉ほだか 陣内薫 武田萌花 田中志朋 濱田初穂 宮代琴弓 侑子
  • 演奏:中江彩芽
  • 録音:金子裕亮 小林清乃
  • 記録撮影:大島綾 金子裕亮 佐野真弓
  • 音響技術協力:横溝千夏
  • 特別協力:72年前のお手紙の書き手の方々、そしてご家族 都内女子校校友会
  • 素材<卓上>: アメリカ製 1945年グリーティングカレンダー・卓上ランプ・ドイツ製万年筆と便箋・忘れな草の押し花と筆者のポートレート(1945年撮影)
  • サイズ:可変
  • 場所:(教室) 名久田教場
作中に使用されているテキストは編集、再構成されており、原本は作家が所有しています。現在、作家は手紙の筆者本人または関係者の方々と連絡をとり、テキスト使用の許諾を得るとともに行方の分からない方の捜索を続けています。

・中之条ビエンナーレ2017では、作品の制作過程と背景についても発表しました。

  • ⑵.《 "Polyphony 1945" スコア-初稿- 》
  • 2017
  • インスタレーション
  • 素材:楽譜、インク
  • サイズ:可変
  • 場所:(2階でも3階でもない部屋) 名久田教場

サウンドインスタレーション制作にあたり構成されたポリフォニーサウンドのスコア。

  • ⑶.《Letter papers-1945-2017-》
  • 2017
  • インスタレーション
  • 素材:ミクストメディア
  • サイズ:可変
  • 場所:(奥の部屋) 名久田教場

棚中央の木箱には、当初この作品のモチーフである手紙が納められていました。
(しかし木箱は、2017年 9月10〜11日の中之条ビエンナーレ展示中に盗難に遭い、行方不明。)

・メール文「貴校の1944年度卒業生について:都内女子校 校友会 御中」 プリント用紙 (印刷 )
・便箋「1945年5月に書かれたお手紙  青子さんへ -蕗子より(仮名)」 (複製加工)
・出演者への指示書「出演者Mさんへ -テキストの朗読について-」 (印刷 )
・お手紙のテキストに纏わる品物「忘れな草の押し花 ・お手紙が保管されていた木箱(ビエンナーレ会期中に盗難に遭い行方不明)・映画チラシ『楽聖ベートーベン』・鏡・詩集『海潮音』・生花」